ゲーム動画で、まったりとwww

YouTubeやニコニコ動画から裏技、おもしろ、PVなど、ちょっと友達に自慢できるようなゲーム動画を紹介するサイトです。
他サイト様の最新記事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ファミリーコンピュータ ロボットは、任天堂の家庭用ゲーム機ファミリーコンピュータ用の周辺機器の一つ。ファミコンと連動して動くロボットである。ロボット単体の型番はHVC-012。

1985年7月26日発売、希望小売価格9,800円。開発者は横井軍平。

概要
任天堂からかつて発売された周辺機器「光線銃シリーズ」の技術を応用し、画面上から送信される光信号を直接ロボットの目で受け、内蔵モーターによって動かすことができる。単独で動作することはなく、ファミコン専用ソフト『ブロックセット』か『ジャイロセット』を必要とする。ゲーム画面に連動させてロボットを遠隔操作することがねらい(ロボットの側からファミコン本体へのフィードバックはない)。ロボット下部の台座周囲には5つのスリットが設けられ、ここに専用のモジュールを取り付けられる。

腕は常に前方に突き出した形で、胸部と連動している。可能な動作は胸部の垂直移動(6段階)・水平回転(5段階)、腕の開閉。これによりブロックやコマを操るといった動作をする。

専用ソフト
ブロックセット
1985年7月26日発売、希望小売価格4,800円
型番:HVC-BLS

・セット内容 - ブロック5個、ブロックトレイ5個、ブロックハンド2個、専用カセット
・ゲーム内容 - ロボットが5個のブロックを積み替え、崩さずにゲーム上での指示通り配置できたかを競う。博士がキーボードの上に飛び乗ってロボットへの信号を送る。なお実際にブロックが正しく配置されたかはプレイヤー自身で確認する。
DIRECT - 博士がキーを押してロボットに直接命令し、少ないステップ数で指示通りブロックを配置する。

MEMORY - あらかじめロボットの操作手順を記録し、後で再生する。
BINGO(1P) - キーが縦横(5×5)に並んでおり、一列全てを押す事でロボットに命令を与える。敵キャラクターに、勝手に一列のキーを押して行く「フリッパー」とキーの上をうろうろしている「スパイク」がおり、近づくと跳ね飛ばされる。
BINGO(2P) - 2人用対戦ゲーム。時間内に自分の陣地にブロックを多く置いた方の勝ち。敵キャラクターはスパイクのみ。

ジャイロセット
1985年8月13日発売、希望小売価格5,800円
型番 - HVC-GYS

・セット内容 - コマ2個、コマホルダー1個、コマトレイ1個、コマスピナー1個、コマハンド2個、専用カセット
・ゲーム内容 - トレイにファミコン本体のIIコントローラをセットし、A・Bボタンと連動する部分をロボットが持ったコマで押し下げる事で、ゲーム画面上の赤・青のゲートが上下する。時々、2つのボタンを同時に押す必要が出てくる為、その際には一つのコマをスピナーで回転させてトレイに置き、その間にもう一つのコマをロポットに持たせ押し下げる。

DIRECT - 画面上でロボットに直接命令する練習用モード。
GAMEA - 博士を操作してステージ内に仕掛けられた爆弾を除去する。STARTボタンで「送信モード」になりロボットへ命令する。敵キャラクター「スミック」が邪魔をするが、カブラ(赤カブ)を与えて動きを止めたり、ゲートで押しつぶす事ができる。交互でプレイする2人用もある。
GAMEB - 寝ぼけて右方向に歩き続ける博士を、ゲートを上下させてゴール地点まで誘導する

テレビCM 動画


「ポチッ」と応援お願いします(*^▽^*)
にほんブログ村 ゲームブログへ

ブログパーツ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ndssohuto.blog51.fc2.com/tb.php/948-df8e18ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

人気サイト
Yahoo!ボットチェッカー
MSNボットチェッカー
Googleボットチェッカー
アクセスランキング
  • |

  • copyright © 2008-2009 ゲーム動画で、まったりとwww all rights reserved.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。