ゲーム動画で、まったりとwww

YouTubeやニコニコ動画から裏技、おもしろ、PVなど、ちょっと友達に自慢できるようなゲーム動画を紹介するサイトです。
他サイト様の最新記事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本国内での発売当時のメーカー希望小売価格は12,800円。
製品コードはDMGで、「Dot Matrix Game」が由来。

ゲーム&ウオッチを発売していた任天堂が、その次世代ゲーム機器として取り組んだ、携帯型ゲームの市場を実質上開拓した先駆者となる商品で、開発は任天堂を玩具メーカーとして成長させた横井軍平氏。

エポック社からかつて発売されていたゲームポケコンに次ぐROM交換方式の携帯型ゲーム機で、本機の開発はシャープと共同で行っており、シャープは40億円を投じゲームボーイの液晶開発用の工場を設立。液晶は同社のものを使用しているが、当時の据え置き型のゲーム機では使用できる色数の多さを謳う機種もあった中で、本機では乾電池の「持ち」と価格面の兼ね合いからモノクロ型(4階調)を採用しています。

画面はSTN反射式モノクロ液晶。開発時はTN液晶の採用が検討されていたが、当時任天堂の社長だった山内溥の「画面が見られない」との意見によりSTNに変更されました。
 反射に弱いというSTN型液晶の弱点を克服するため、画面の濃さを調整できるコントラストダイヤルがついています。コントラストは薄くするほど電池の持ちが長くなるため、わざと極限まで薄くしてプレイする人もいました。 尚、ゲームボーイの液晶の寿命は短く、半年もしない内に液晶欠けが生じ、『スーパーマリオランド』や 『アレイウェイ』などのようにプレイヤーの残り数が固定位置に表示されるソフトは、残り表示が見にくいという事態が発生。さらに、液晶のベースが黄緑色のため、視認性は思いのほか悪かった。

そして、液晶保護カバーがついているが、中にごみ、白い粉等が入ると取り出せなくなり、非常に見づらくなる。

 また、カバーのせいで液晶に影ができ、『スーパーマリオランド』では、表示されるマリオの残りが見づらいという弱点がありました。

1989年に全世界で発売され、同時発売ソフトは『スーパーマリオランド』『アレイウェイ』(ブロックくずし)『ベースボール』『役満』の4本でした。

他のゲームボーイと通信ケーブルで通信可能です。通信中に誤ってまたは悪ふざけでケーブルを引き抜いてしまう事故が絶えず、中にはこれを利用してバグ技に使用する人もいて、特に『ポケットモンスター』ではポケモンをコピーする裏技としても有名になりました。

テレビCM 動画


「ポチッ」と応援お願いします(*^▽^*)
にほんブログ村 ゲームブログへ

ブログパーツ

☆ ネ ッ ト で D V D レ ン タ ル ! ☆ T S U T A Y A  D I S C A S ☆




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ndssohuto.blog51.fc2.com/tb.php/934-d8e43dfa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

人気サイト
Yahoo!ボットチェッカー
MSNボットチェッカー
Googleボットチェッカー
アクセスランキング
  • |

  • copyright © 2008-2009 ゲーム動画で、まったりとwww all rights reserved.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。